マクドナルドフランスの限定メニュー「マックバゲット」を食べてみた!【レビュー】

海外の暮らし

世界の100カ国以上3万9000以上の店舗を持つマクドナルドには、国によって「ご当地メニュー」があることを知っていますか?

今は日本では「ごはんバーガー」が限定メニューで話題だよね!

この記事を書いている私は、現在フランスに住んでいるため「ごはんバーガー」を食べることができません。

「フランスのマクドナルドでも限定のメニューがあるかな?」と思って調べたら、ちょうど良いタイミングで2021年の10月にリリースされた「マックバゲット/McBaguette」というメニューがありました。

そのため今回は、フランスで限定販売されているご当地メニュー「マックバゲット」についてご紹介します

「ごはんバーガー」に負けないぞ~!!

「ごはんがないならバゲットをお食べ」ってやつだね!

ん?どこかで聞いたようなセリフ・・

🥖この記事を読むとこんなことが分かります🥖

フランス限定「マックバゲット」ってどんなの?美味しいの?

・フランス旅行に来た人に「マックバゲット」はおススメ?

フランスと日本のマクドナルドの違いをザックリ

※私は基本的にマクドナルドに行くことはあまりありません。そのため、メニューや味についても詳しくありません。

味の感想や日仏マクドナルドの比較はあくまでも「マクドナルドをあまり知らない凡人の感想」になりますので、あらかじめご了承ください。

「ところでこの人、なんでフランスに住んでるの?」って気になる人は(いないと思うけど)こちらの記事も見てみてくださいね。
  1. フランスのマクドナルドで限定メニュー「マックバゲット」を食べてみた
    1. フランス限定「マックバゲット(McBaguette)」とは
      1. こだわりの材料
      2. マックバゲットの味は2種類(ビーフ&チキン)
      3. マックバゲットの値段は??
    2. フランス限定「McBAGUETTE/マックバゲット」を食べてみた感想【レビュー】
      1. ファストフードの味ではなく、ふつうに美味しい
      2. 大きさは小ぶりのバゲット
      3. 素材の味が分かる
      4. マックバゲットをフランスで売る意味はあまり無いかも(コスパ微妙)
    3. フランス旅行中の人にフランス限定「マックバゲット」はおすすめ?
  2. 日本とフランスのマクドナルド、何が違う?フランスのマクドナルドの店内ってどんなカンジ?
    1. 日本とフランスのマクドナルドのメニューをザックリ比べてわかったこと
      1. 日本のマクドナルドは、バーガー系のバラエティが豊富・季節感がある
      2. フランスのマクドナルドは、サラダ・デザート系が充実
    2. 日本とフランスのマクドナルド、料金はどれくらいちがう?
      1. ハンバーガーの料金、日本とフランスではフランスが高い!
      2. 飲み物の料金も、フランスのマクドナルドは日本より高い!
    3. フランスのマクドナルドの店内ってどうなってるの?
      1. 入ってすぐのところにタッチパネルのオーダーマシンがある
      2. 子供用の遊ぶエリアもある
    4. フランスの公園でマックバゲットを食べた
  3. おまけ:日本マクドナルド「ごはんバーガー」は外国人にとって魅力的?
    1. 意外にネガティブなコメントが多かった
    2. ポジティブなコメントもあった
  4. まとめ

フランスのマクドナルドで限定メニュー「マックバゲット」を食べてみた

2021年10月5日から販売が始まった、フランスのマクドナルドで販売されている、期間限定メニュー「マックバゲット/McBaguette」を食べてみました。

味は牛肉と鶏肉の2種類、材料の多くがフランス産であり、品質保証付の小麦粉で作られたパンは、毎日お店で焼き上げられるというこだわりの逸品です。

限定って言葉に弱いから食べてみたいなぁ~

鶏のマックバゲットを食べたから感想を伝えるね!

フランス限定「マックバゲット(McBaguette)」とは

世界中でいろいろなご当地バーガーがありますが、フランスの期間限定メニューであるマックバゲットは、一言でいうと「材料も値段もファストフードっぽくない」のが特徴です。

  • 材料にこだわりアリ!パンは国産の品質保証された小麦粉使用
  • 味はビーフとチキンの2種類
  • 料金は単品5.9ユーロ、セットでは8.8ユーロ

ちなみにこのマックバゲットは2012年と2020年に販売されたことのある商品で、今回新発売というものではありません。

今回、新たにリリースするに当たり、フランス産の小麦を使ったパン作り店舗で焼いたフレッシュなパンでサンドイッチを販売するという新しい試みをしています。

こだわりの材料

マックバゲットは、材料へのこだわりが感じられるサンドイッチです。

🥖マクドナルドフランスのマックバゲットへのこだわり🥖

  • 小麦は品質保証のされた国産小麦
  • チーズはフランスで作られたエメンタールチーズ
  • マスタードソース2種(オールドファッション・ディジョンマスタード)も国産
  • サラダ(レタス)も国産

マックバゲットで使用されるバゲットの小麦は、フランスで食品の品質を保証したものに付けられる「赤ラベル(Label Rouge)」が付いたものです。

Label Rouge(ラベル・ルージュ)』は食品とか農産物、花の品質保証をするフランスの法律で定められた品質保証だよ

パン生地は工場で作られますが、それぞれの店舗で毎日、パンを焼いてサンドイッチにしているというこだわりを見せています。

私は「ファストフード=安全性より価格重視」というイメージがあったので、このマックバゲットのこだわりには正直驚きました。

マクドナルドユーザーがそこまで原産地にこだわるかなぁ?って思った

ソレ、失礼なんじゃ・・💦

マックバゲットの味は2種類(ビーフ&チキン)

マックバゲットはビーフとチキンから選ぶことができます。

マックバゲット(ビーフ)には牛ひき肉を100%使用したパテが入っています。

チキンはパン粉で揚げたチキンカツを使用しています。(原産地などはわかりませんでした)

今回、私はチキンを選びました

鶏肉についての説明がよく分からなかった

フランス語の勉強不足がここに出ちゃったね!

マックバゲットの値段は??

こだわりのつまったマックバゲットのお値段、気になりませんか?

これが、驚くことなかれ!!めっちゃ高いんです

【マックバゲット(McBaguette)の料金】

  • 単品・・・€5.9=約780円
  • セット(ポテト+ジュース)・・€8.8=約1,165円

ええ?単品で700円以上するの?

私は為替(かわせ)をあまり考えずに生活しているので、この記事を書くに当たって為替レートを見てがく然としました。

めっちゃ高かったんやん・・(今さら)

フランス限定「McBAGUETTE/マックバゲット」を食べてみた感想【レビュー】

品質も値段もファストフードからかけ離れたような、おフランス限定「マックバゲット」を食べてみた感想をお伝えします。

ファストフードの味ではなく、ふつうに美味しい

冒頭でもお伝えしましたが、私はふだんファストフードを食べる習慣はありません。

たま~に、家族で出かけた時にマクドナルドやバーガーキングで食べることありますが「美味しい」というよりも「手っ取り早く小腹を満たす」という感覚で食べています。

子どもはナゲットとポテトが好きだから、マクドナルド好きだよ

なので、マックバゲットに関してもそこまでは期待していなかったのですが、食べてみるとふつうに「おいしい」と感じることができました

大きさは小ぶりのバゲット

マックバゲットの大きさは、フランスで通常売られているバゲットのサンドイッチよりやや小ぶりで、イタリアのパン「チャバッタ」とバゲットの中間のような感じです。

ふつうのバゲットサンドイッチより平らにつぶれたような形なので、食べやすい印象がありました。

素材の味が分かる

マクドナルドのバーガーを食べて「素材の味が美味しい」と思ったことはありますか?

私は、素材の味を感じたことは一度もありませんでした。

でも今回、マックバゲットを食べた時には素材の味を感じることができたのです。

マックバゲット(McBaguette)チキン味を食べた感想

  • パン:ちゃんと味がする、硬さもいい感じ
  • チキン:ざくざくクリスピーで食べ応えがある
  • ソース:マスタードの粒が美味しい(時々ピリッてする)
  • チーズ:本物のチーズ(エメンタール)の味がする

私の向かいでキッズメニューを食べている子供の姿を見なければ、マクドナルドで買ったことを忘れるくらい「ふつうにおいしい」バゲットサンドイッチでした。

バゲットは噛みごたえがあるので「かたいパンは苦手」という人にはおすすめできません

私はハード系のパン大好きだから満足したよ♡

チーズが溶けてたらもっと良かったんだけどね!

マックバゲットをフランスで売る意味はあまり無いかも(コスパ微妙)

マックバゲットは上でお伝えした通り、こだわりのつまったサンドイッチなのですが、単品で€5.9(約800円弱)という値段を考えると『リピートは考えにくいかな』と思います。

私がリピートを考えにくい理由には、マクドナルドがこだわっているポイントがイマイチ理解できないのと、高いからです。

【マックバゲットのこだわりポイント】に対する感想

🥖国産のこだわり小麦粉だよ! 

➡ふつうのパン屋さんも国産小麦粉を使っている

🥖お店でパンを焼いてるよ! 

➡ふつうのパン屋さんは生地からお店で作ってる(もっとおいしい)

パン屋さんが街中にあるフランスでは、バゲット1本は€1前後(130円程度)で売られています。

ふつうのバゲットは大体40cmくらいで、結構長いよ♪

サンドイッチにするバゲットは20cmくらいだよ

バゲットって日本では「フランスパン」って呼ばれてるやつだよね!

フランスは農業大国なので、パン屋さんのパンはフランス産の小麦フランス産の塩を利用して作られることがほとんどです。

マクドナルドは工場で作られた生地をお店で焼いていますが、ふつうのパン屋さんでは生地作りからパン焼きまでお店でやるので、パンの美味しさが全然ちがうのです。

パン屋さんのサンドイッチは€4~5(530~660円)だよ

パン屋さんで買う方が安くておいしいってことか!

今回のマックバゲットは「ふつうにおいしいな」と思ったのですが、街のパン屋さんのサンドイッチの方がコスパは良いな、と思ったのが正直な感想です。

でも味は良かったし、食べて良かったって思ったよ!

フランス旅行中の人にフランス限定「マックバゲット」はおすすめ?

あこがれのフランス、華の都パリに旅行中のあなたはマックバゲットを試すべきでしょうか?

あなたが以下に当てはまるタイプの人であればマックバゲットをおススメします

✔ フランス語が苦手だから、ご飯の時はストレス無く過ごしたい

✔ 食事の時間より観光やショッピングを優先させたい

✔ ファストフードで手軽に食事を済ませたいけど、フランスらしいメニューを試したい

「フランス語は話せないけどお腹が空いた・・」「レストランで塩対応されたからパリのレストランには入りたくない!」そんな人にはマクドナルドがおススメです。

通常、パリのレストランは、注文から料理が来るまでの時間がトンデモなく長いです。

のんびり会話を楽しみながら料理を待つ人にはパリのレストランで食事もいいですが、時間が限られた旅行中にずーーッと料理を待つのはストレスの原因にもなります。

その点、マクドナルドであれば、注文してから5分程度で食事にありつけるので、観光や買い物をしっかり楽しむことができます

🥖注文や支払いもタッチスクリーンでカンタンにできるので、言葉が話せなくてもストレスなくご飯にありつけます。

「なじみの味で落ち着きたい」という人は定番メニューを頼むのもいいですが、ご当地のマックバゲットを食べてきた、となると後で良い思い出ができるかもしれません。

サイドメニューも日本のメニューとは違うからおもしろいよ!

スマイルゼロ円とかある?

・・フランスでそういうこと期待しないで!

日本とフランスのマクドナルド、何が違う?フランスのマクドナルドの店内ってどんなカンジ?

ふだんマクドナルドにいかない私が、この機会に日本とフランスのマクドナルドがどんな風に違うのか、かるーく調べてみました。

めっちゃザックリ書いています!マクドナルドファンの人、怒らないでね!

私が注目したのは、下の3つです。

・メニューの種類・ 料金・店内の様子

日本のマクドナルドの店内の写真はありませんので、皆さんが利用するマクドナルドの店内と比べてみてくださいね。

日本とフランスのマクドナルドのメニューをザックリ比べてわかったこと

日本とフランスのマクドナルドのWEBサイトからメニューを見た中で気づいたことをお伝えします。

日本のマクドナルドは、バーガー系のバラエティが豊富・季節感がある

日本のマクドナルドには「グラコロ」「月見バーガー」「サムライバーガー」といった季節限定のメニューが超!充実していることがわかりました。

また「ガーリックシュリンプ」「えびフィレオ」「ごはん海老」といったエビを使ったメニューや、「てりたま」「てりやきチキン」「ごはんてりやき」といった、てりやき系のメニューもとても多いことに気付きました。

見たことも聞いたこともないハンバーガーがいっぱい出てきた!

たしかに色々新しい商品が出てくるよね♪

フランスのマクドナルドのことは詳しくはありませんが、日本のように季節に応じて新しいメニューが出たりすることはあまりないように感じます

フランスのマクドナルドは、サラダ・デザート系が充実

フランスのマクドナルドのWEBサイトを見ていて気付いた点はデザートが充実していることとサラダメニューが確立していることです。

日本のマクドナルドのデザートも種類はとても多いのですが、フランスのマクドナルドは日本とはちがうメニューが用意されています。

マクドナルド、日本とフランスのデザートメニューの違い

  • 日本:三角パイ、シェイク、コーンのソフトクリーム、マックフルーリー、等
  • フランス:マフィン、クッキー、ドーナツ、サンデー、マックフルーリー、カットフルーツ、等

ドーナツやクッキーがあるんだね!カットフルーツは自然派の人にはウレシイね!

コーン付きのソフトクリームはないけど、紙パックに入ったソフトクリームもあるよ

フランスのマクドナルドで日本と大きくちがうのが「サラダ」かもしれません。

フランスではメインメニューとして3種類のサラダが販売されています。

クラシックサラダ(シーザーサラダ) ・イタリアンモッツァとパスタサラダ・ブルーチーズ&ベーコンサラダ

※イタリアンモッツアレラのサラダのみ、ベジタリアンメニューです。

マクドナルドのサラダは単品で6.3ユーロ(830円)です。

え!高くない??

ボリュームあったし満足したけど・・でも高いよね!

「ハンバーガーの気分ではないけれどお腹が空いた」という人はサラダを選ぶこともできるので、個人的には日本にも取り入れて欲しいメニューだな、と思います。(値段は下げて・・)

ベジタリアンメニューがあるのはいいね!

他民族・多宗教国家のフランスには、いろんな食生活を送る人がいるため、ベジタリアンメニューも用意しておくことが大切なのかもしれません。

また、日本の朝マックは塩系のメニューが多いのに比べてフランスは甘いメニューが多いことや、夜マックのある日本夜マックのないフランスなど、まだまだ違いがあることに気付きました。

気になる人は日本とフランスのマクドナルドのサイトを比べてみてね!

日本とフランスのマクドナルド、料金はどれくらいちがう?

フランスに行く予定がある人も、ない人もマクドナルドの料金を知っておくのに損はありません。

同じ商品を比較して日本とフランスのマクドナルドの料金のちがいを見てみましょう。

1ユーロは132.14円で計算しています(2021年10月25日のレート)

ハンバーガーの料金、日本とフランスではフランスが高い!

【ハンバーガー】 日本 フランス
ビッグマック 390円 €3.8 (502円)
ビッグマックセット 690円 €6.1 (806円)
フィレオフィッシュ 340円 €3.8 (502円)

飲み物の料金も、フランスのマクドナルドは日本より高い!

【飲み物】 日本 フランス
コーラ・スプライト 100円~ €1.6(211円)~
オレンジジュース 150円~ €2(264円)
コーヒー 100円~(ローストコーヒー) €1.4(184円)~(エスプレッソ)
ちょっと良いコーヒー 150円~(カフェラテ) €1.9(251円)~(カフェラテ)

日本のマクドナルドを利用している人から見ると、フランスのマクドナルドの料金は「高いなぁ!」って思うのではないでしょうか?

私は今回の記事を書くにあたって料金を比べて「フランス、高っ!」って気づきました。

何年フランスに住んでるのよ💦

気付くのおそすぎでしょ・・

・・・・グサッ

フランスのマクドナルドの店内ってどうなってるの?

McDonald’s France

フランスのマクドナルド、と言ってもお店によって違いはあるかと思います。

今回は、私がマックバゲットを買うために行ったマクドナルドの店内の紹介になります。

10月後半に行ったので、店内はハロウィン仕様になっていました。

入り口には新型コロナウィルス対策用のアルコールジェルがあり「マスク着用」のサインもありました。

ちなみに私の地域ではマスクは店舗や施設内だけ着用義務があるんだ

え?じゃあ外を歩く場合はマスクしなくていいの!?

うん。外でマスクしてる人もいるけど、少数派だよ

入ってすぐのところにタッチパネルのオーダーマシンがある

マクドナルドに入るとすぐにタッチパネル式のスクリーンがあり、注文と支払いはここで行うことができます。現金で支払う場合は、注文だけをタッチパネルで行い、受け取りをするカウンターで支払いを行います。

McDonald france

※言葉ができなくてもフランスのマクドナルドで注文はできる?

➡「YEーーS!!」

フランスのマクドナルドはタッチパネルなので、誰でも注文ができます

 

それはいいね~!!助かるね~!

タッチパネル画面では好きな言語を選ぶことができます。

(写真の画質が悪くてごめんなさい)

あれ?「日本語」じゃなくて「日本人」ってなってるよ~

注文できたらいいじゃん!

細かいことは気にしないでね~🎵

フランス語や英語が苦手な人でも、日本語メニュー画面を見て注文できるのは安心ですよね!

子供用の遊ぶエリアもある

今回私がマックバゲットを買ったマクドナルドには店内に子供が遊ぶエリアがありました。

新型コロナウィルスの影響から長期間閉鎖されていたレストランエリアが開放されてからもしばらくは子供の遊ぶエリアは閉鎖されており、最近になって開放されたようです。

以前は子供でにぎわっていたエリアですが、今回は2人の子供しか遊んでいませんでした。

McDonald’s France

オシャレで楽しそうだね~!

子どもたちは自由に遊ばせながら、大人はゆっくりと会話を楽しむこともできそうで良いですよね!

フランスの公園でマックバゲットを食べた

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9e6631ed547b638c52c65fac1a16947c.jpg

今回のマックバゲットはマクドナルドの店内ではなく、公園でいただきました。

机の落書きに外国っぽさを感じる人もいるかもしれませんね。

La vie est belle(人生は美しい)って書いてあったよ

落書きする必要はないけど、人生楽しそうでいいね♪

私と子供は今回、この青春真っ只中の机でマクドナルドの商品を食べていたんですが、食べ終わる頃、近所の乗馬クラブの人たち&馬たちが散歩をしていきました。

ふだんは子供がポニーに乗っているのを見かけることが多いのですが、この日は珍しく大きな馬が歩いていました。

わ~♡こんな景色見ながらランチっていいなぁ

日本ではなかなかないかもね~

おまけ:日本マクドナルド「ごはんバーガー」は外国人にとって魅力的?

今回、マックバゲットを食べる前に日本で話題の「ごはんバーガー」のサイトを何度か見ていました。

私はごはんバーガーの写真を見ながら「食べてみたいな」って思ったんですけど、『価値観のちがいそうな外国人の皆さんはどう思うのかな?』と思い、外国人の友達に聞いてみました。

対象者は、『フランス人:3人』『アメリカ人:1人』です

友達少なっ!

ぜんぜん問題ないよ✨

意外にネガティブなコメントが多かった

写真を見せてメニューの説明をしたんですが「おいしう!」というコメントは0人でした

「お米じゃなくて、米粉を使ったパンじゃダメなの?」

「ハンバーガーにエビを入れるの??ちょっとムリ💦」

「米を使ってても、ヘルシーっぽくないよね」

「どうせマクドナルド品質でしょ💦」

「味の想像がつかない・・」

ざっくりとこんな答えが返ってきました。

日本食はフランスの中でもそれなりに人気だから、きっとポジティブな反応だろうと思っていたら、全然そうでなくて、正直びっくりしました。

おいしそうだし、皆も食べたいって言うかな?って思ったんだけど・・💦

おいしそうだよねぇ。価値観のちがいかな?

ポジティブなコメントもあった

写真を見せてすぐにはネガティブなコメントが出ましたが、ポジティブな意見がなかったわけではありません。

「日本のメニューだから米を使うのはいいアイデアだと思う」

「値段が安くてすばらしい!」

「お米を使ったバーガーは面白そう」という前向きなコメントと値段の安さに魅力を感じる意見もありました。

日仏共通メニューの料金を見せると「え!?こんなに安いの?」「日本にいったらマクドナルド行けばいいのね!」という声が上がっていました。

モスバーガーの値段伝えた時も 「安いじゃん!」て言われたよ

え?私の中ではモスは「ちょっと高級なバーガー」だよ!

フランスのマクドナルドで「高い!」と感じる私とは反対で、フランスに住んでいる人からすると、日本のマクドナルドの料金が「すごく安い」と魅力的に映るようでした

日本のメニューを見て「食べたい!」という声が出なかったのは意外でしたが、それぞれの国の文化や価値観に合わせた売り出し方をしていることの裏返しかな?と納得しました

まとめ

世界的なファストフードチェーンのマクドナルドは、海外旅行の際にはお世話になったことのある人もいるでしょう。

国や地域によってオリジナルのメニューがあるので、マクドナルドに行くことでその国の文化や流行を知ることができるかもしれません。

フランスで現在期間限定で発売されている「マックバゲット」は料金は高いですが、フランス産小麦とこだわりの材料で作られたサンドイッチです。

フランス旅行の際には、試してみる価値があるかもしれません。

「期間限定」と言いつつもいつまで販売されているのか分からないので、近々フランス旅行の予定がある人はぜひマクドナルドに立ち寄ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました