ランサーズで未経験者が手あたり次第に仕事を選ぶとどうなるか【経験談】

ランサーズ 注意点 ランサーズ

「ランサーズを始めたけど、未経験だからか全然提案が通らない」

「とりあえず今出てる案件にどんどん応募していこっかなぁ・・」

「はやく仕事をしたいし「誰でもOK」の案件がいいのかな?」

こんな悩みを持つ人に読んでいただきたいです。

日本最大級のクラウドソーシングサービスである「ランサーズ」は仕事を依頼したいクライアントと仕事をしたいランサー(ワーカー)を結ぶ、仕事のマッチングサイトです。

ランサーズには多種多様な仕事がありますが、私のように目立ったスキルのない人にはライターがおススメです。

ランサーズには仕事が溢れていますが未経験の間は仕事が決まりにくいのも事実です。

”提案しても全然選ばれない・・もうなんでもいいから応募しよ!”

と、手当たり次第に仕事を選ばないでください。

手当たり次第に仕事を選ぶと、悪質なクライアント・案件に当たる可能性が高くなります。

今回の記事を読むとこんなことが分かります

  • 「ランサーズで手あたり次第に仕事を選ぶとどうなるか」
  • 「契約後に悪質クライアントだと分かった場合の対処法」

ランサーズで仕事を探すときに避けるべき案件・避けるべきクライアントについては下の記事で詳しく書いてあるので、今から仕事を探す人はぜひ参考にしてください。

ホントに大変な目に遭うから、応募前に注意点だけは知っておいて!

私は2019年くらいから在宅でライターを始めて2年目(2020年)には1ヵ月の平均収入が5万円を超えました。(※手数料込の収入金額です)

【1年目:月平均13,000円 2年目:月平均58,000円】

2020年には良いクライアントにも恵まれて安定した収入が生まれましたが最初の1年目には何も考えずに「自分でもできそうな案件」を選んで仕事をした結果「地雷案件」に引っかかってしまいました

あなたには貴重な時間をムダにしないためにも、注意すべきことをしっかり頭に入れた上で、良質な仕事に出会えることを祈っています。

※今回の記事は私の「ライター」としての経験によるものなのでランサーズの他の業種であれば別のパターンの事例もあると思われます。

ランサーズで手当たり次第に仕事を選ぶとどうなるか?

地雷案件・悪質クライアントに当たる確率が増える

時間はかかるのにロクな収入にならない仕事に当たってしまう

ランサーズでは、注意すべきクライアントを避けて安全そうな案件・クライアントをきちんと選べば

大きなトラブルには巻き込まれることがほとんどありません。

逆に「とにかく仕事が取れたらいいや」というスタンスで仕事をした場合に起こりうるトラブルをお伝えします

恥ずかしい話ですが、全て私の体験談です

depression

地雷案件・悪質クライアントに当たる確率が増える

クライアントの評価や実績を確認せずに仕事を契約してしまうと悪質なクライアントの仕事を受けてしまう確率が増えます。

あ・悪質なクライアント??

記事単価がめっちゃ低い仕事を発注してたり、違法な「直接取引」をもちかけてきたり、色んな人がいるのよ💦

時間はかかるのに収入がほとんど発生しない案件に当たってしまう

記事単価を見ずに仕事を取ってしまった場合や、テストライティングの単価をよく確認せずに契約を結んだ場合、5,000文字程度の仕事であっても500円程度しかもらえない案件だったりします。

1文字当たり何円もらえるかってのは常に意識しておいてね!

文字単価0.5円以下の仕事は避けた方がいいよ!

私は旅行系の記事で海外の空港案内の記事をテストライティングしたことがありますが、調べることが非常に多く、2日くらいかけて執筆したにも関わらず800円程度しかもらえなかった経験があります。

旅行者のための正確な情報、ということだったので現地のサイト(英語)での情報収集がメインになり、本当に時間がかかった案件でした。

テーマが自分の経験と合っていたため「これならできる!」と思い応募しましたが時給換算すると1時間30円くらいの仕事になってしまいました。

継続依頼がきたけれど、もちろん断ったよ・・

時給30円!!それなら「タスク」やった方がいいわ~💦

それからは、テストライティングであっても文字単価は「0.8円以上」の案件を選ぶようにしています。

悪質クライアントと契約すると心が折れて仕事ができなくなることも

クライアントによっては、ライターのことを「道具」としか思っていない人も存在します。

そういった人はごく一部ですが、その人に当たってしまった場合は今後の仕事に差し障ることもあります。

言葉遣いが悪かったり、上から目線だったり、一方的に暴言を吐かれたり・・全て私が経験したことですが、こういったクライアントと仕事をする羽目になると、心底疲れます。

私はパソコンを見るのもイヤになって、しばらく仕事ができなかったよ

トラウマになってそうだね💦

これはクライアントへのコメントを確認することで防げるトラブルだと思っています。

私は一度悪質クライアントとのトラブルがあってからは、必ずクライアントへのコメントを見るようになりました。

クライアントへのコメントは、ランサーズの画面でクライアントの実績や評価を見る画面から確認することができます。

クライアントと仕事をしたランサーが契約終了時に出す「お礼」のようなものですが文面が「ありがとうございました」の一言コメントばかりのクライアントは要注意です。

注意が必要な案件・クライアントが気になる人はこちらもどうぞ

 

やれそうな仕事を片っぱしから応募するのは危険なのね!

そうなの。仕事選びを慎重にしたら、良いクライアントと継続的な仕事をできるから安心してね!!

【手あたり次第仕事を選ぶとどうなるか】

  • 悪質なクライアントに当たる可能性が増えてしまう
  • 働いても全くお金にならない仕事を選んでしまうことになる
  • モラハラ系のクライアントに当たって精神的に病むことも

くり返しますが、注意してクライアントを選べば、多くの場合はトラブルは避けられます

安易な気持ちで仕事選びをするのではなく、案件・クライアントが安全そうかどうかの確認をした上で提案をしていきましょう。

oops

ランサーズで契約後にクライアントの「ヤバさ」に気付くこともある(解決策付き)

できれば悪質なクライアントとは仕事がしたくないのは誰でもそうですが、契約後にクライアントとやり取りをしていく中で「あれ?なんか、この人ヤバそう💦」となる場合も、あります。(経験談)

それはこういった人です。

■メールアドレス等を聞いてきて「直接取引」を持ち掛けてくる

■作業中に追加の要求をしてくる

■依頼内容を途中で何度も変更してくる

■尊大な態度(上から目線)を取ってくる

メールアドレス等を聞いてきて「直接取引」を持ち掛けてくる

クライアントの中には「メールで納品して欲しい」と言って来る人もいます

基本的にはランサーズのサイト上で納品するものなので、メールのやり取りを持ち掛けてきたら少し警戒心を持ちましょう。

メールやり取りの理由の多くが直接取引」を持ち掛けてくる場合です。

直接取引とは、ランサーズを介さずにクライアントとランサーの間で仕事の受注契約を行うことです。

ランサーズを間に入れず直接取引を行うことで、クライアント側もランサー側もランサーズに支払うべき手数料の負担が無くなる、というものですがこれは禁止行為です

あなたが何も考えずにメールアドレスを伝えるとこんなことを提案されるわけです。

ランサーズさんを介さずに直接お仕事をしませんか?

20%の手数料が引かれなくなるので、ライターさんも収入が増えて得になりますよ

え!手数料引かれないの?それはオイシイ話だわ✨」 ⇒ NGです

甘い言葉に引っかからないようにしてください。

ランサーズでは、直接取引は禁止されています

直接取引は違法行為に当たるので絶対にNGです。

そして、直接取引をするということは「支払いの保証がされない」ことだということを覚えておきましょう。

ランサーズの手数料は確かに高いですが、ランサーズを通して仕事をすることで私たち働く側への支払いが保証されるのです。

ランサーズでは「仮入金」がされてから作業をすることでクライアントからの未払いを防ぐことができるのよ♪

(仮入金前に仕事するのは絶対におススメしないよ)

顔の見えない相手だから、支払いが保証されないまま作業をするのは不安だもんね

手数料を浮かせるために違法行為をするクライアントがあなたへの支払いを確実にしてくれるとは思えませんよね。

私も一度直接取引を提案されたことがあります。

直接取引に関しては断りましたが、その後も仕事はしばらく継続的にもらえました。

クライアントによっては「直接取引ができたらラッキー」程度の感覚で軽く聞いてくる人もいるようです。

直接取引を持ち掛けられたら「このクライアントとの仕事は切ってもいいや」という気持ちできちんと断ることをおすすめします

中には「直接取引の話に乗って10記事を納品したのに支払いがされなかった」なんてケースもあるようなので、直接取引は絶対に断りましょう。

直接取引で記事を納品したのに支払いをしてもらえなかった場合、泣き寝入りするしかないからね・・💦

そりゃあね・・

かわいそうだけど、自業自得って思っちゃうよ

作業中に追加の要求をしてくる

仕事募集の文面には書いていなかった内容を、契約後に追加してくるクライアントも一定数存在します。

特に継続して発注してくれるクライアント徐々に作業を追加させてくるというパターンが多いです。

これは経験してる人も結構多いんじゃないかなぁ?

調べる作業や執筆時間は短縮できないので、作業内容を追加されると単純に労働時間が増えるので、内心フクザツですが、継続して発注してくれるので文句も言えないのが現実です。

ライティングの仕事って「書いて出せばいい」って思ってたけど違うのね

・ここの内容を分かりやすく表にしてください

・記事はOKなので、次からはタグ付けもお願いします

・画像も10枚くらい添付してください

え・・タグ付けとか地味に大変💦

作業内容によっては、パパッと作れるものもありますが、中には追加の指示で時間を費やす作業もあります。

程度にもよりますが、要求が増えてくるクライアントに対しては単価交渉を持ち出しても良いかもしれません

とはいえ、作業を追加してくるクライアントには悪気もないので許容範囲であれば受け入れて作業をするのがベターかな、と思います。

私はタグ付けとか初めてだったから大変だったけど「新しいことを学べる機会だ」って思うことにしたよ

依頼内容を途中で何度も変更してくる

作業内容を追加するクライアントは悪質ではありませんが、依頼内容を中で変更するクライアントは「悪質」です。

クライアントの中には、依頼する時点で記事の構想ができていない人もいます

なにそれ・・💦きちんと記事の概要決めてから依頼してよ~

そういった依頼は受けるべきではないんですが、受けてしまった場合クライアントのワガママに振り回されることになります。

こういった内容も盛り込んでほしい」「やっぱりこれは不要」「あなたの意見も取り入れてほしい」「方向性を変えてみたい

といったことを何度も言われて疲弊する羽目になります。

『そんなに修正ばっかりするんなら自分で書けば?』と言いたかった

こういったトラブルに巻き込まれるのを防ぐためには、最初の時点で修正は2回まで応じます」など具体的な修正回数を伝えるのが良いでしょう

でも、経験もないのにそんなこと言いにくいわ~

うん、分かる。でもクライアントの混乱した考えに巻き込まれるとホントに大変なんだよ・・(トラウマ)

たしかに・・トラブルが起こってからじゃ遅いもんね💦

最初に修正回数を伝えた方がいいかも!

尊大な態度を取ってくる(常に上から目線)

尊大な態度って・・エラソーってこと?

そう、「クライアントは神様」って思ってる人のことよ

ランサーズのクライアントの多くは、まともな人たちです。

けれどほんの一握りモンスタークライアント」と呼ぶにふさわしい悪質なクライアントがいます

【私が実際に出会ったモンスタークライアントの特徴】

  • 常に上から目線の物言い
  • 仕事を与えてやっているという態度
  • 考えがまとまっていないので、何度も何度も修正をする

毎回のやり取りが苦痛になるほど早く仕上げたい案件でしたが、修正・修正の嵐

言われた通りに修正すると「やっぱこの部分は要らないので削除してください」と言われる始末。

言葉遣いもぞんざいで、常に上から目線の文面だったので画面を開くのもイヤになるくらいでした。

最悪な経験ですが、支払いは文字数×単価だったので微々たるものでした。

ちなみに文字単価は1文字1円だったから、まともなクライアントだったら

優良案件だったと思うの。。

でも、書いては修正、修正だったから時間を浪費したわ💦

得ることが何もない体験でしたが、このクライアントと仕事をすることでそれ以降の仕事探しは慎重にやるようになりました

クライアント選び・・ホントに大事なんだね

その仕事が終わった時には心底グッタリしたわ

never give up

解決策:その仕事だけ気合でこなして、二度と仕事を受けないようにする

悪質クライアントや地雷案件に当たったら、もらい事故にでもあったと思って、その仕事だけ我慢してこなしましょう。

そして、二度とそういった地雷案件に近づかないためにもクライアント選びを慎重に行いましょう

8割以上のクライアントはちゃんとした人だから安心してね!!

私は良いクライアントと仕事して月5万円×12ヵ月稼げたから!

ランサーズに相談するのもアリかも

ランサーズは、ランサーとクライアントがランサーズ上で直接取引をする仕事マーケットプレイスとなっており、ご依頼の進行にあたって何らかのトラブルが発生した場合、ご依頼方式を問わずその対処は会員様間にて行っていただく必要がございます

引用元:ランサーズ  

ランサーズでは、クライアントとトラブルが起こった際には基本的には当事者同士で対処をするようになっています。

けれど、トラブル解決のためのアドバイスは受けることができるようなので自分でどうにもできない場合はランサーズのサポートに連絡をしても良いかもしれません

私自身は相談したことがないので、実際のサポート内容は残念ながら分かりません。

一応相談はできそうだけど、基本的には自分でなんとかしなきゃって感じね!

トラブルのタイプにもよると思うけど、あまりにも大変な時には相談した方が良いかもね!

契約後にクライアントが悪質であると気づく場合

  • メールアドレスを聞いた上で直接取引を持ちかけてくる→規約違反
  • 依頼内容がコロコロと変わる→予め修正回数を伝えるのが吉
  • モラハラ系クライアントで言葉の暴力を受ける→1つの仕事だけ耐える
  • 自分で対処しきれないと感じたらランサーズのサポートに相談をする

まとめ

ランサーズで仕事探しをする場合、初めの頃はなかなか契約が決まらずに「なんでもいいから早く仕事を決めたい」という気持ちになってしまいがちです。

手当たり次第に仕事を選ぶとどうなるか」は今回の記事で分かっていただけたかと思います

私の二の舞にならないように、仕事選びは慎重に行いましょう

ランサーズには良いクライアントがたくさんいますので、良質な仕事を探してしっかり稼いでくださいね!応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました